どのアガリクスを選んだらよいのか


アガリクスQ&A どのアガリクスを選んだらよいのか

アガリクス(ヒメマツタケ)とは

Q. 巷にあふれるアガリクスの違いって?

市場には、水溶性アガリクスや酵素処理アガリクス、高濃度アガリクスなどといったさまざまなアガリクス商品が出ています。(「加工方法のポイント」でそれぞれのアガリクスを検証しています。) それらはどれがどう違うのか、何を選んだらいいのか迷われることと思います。

こうしたアガリクス商品を区別するポイントは、
◆菌株
◆産地
◆使用部位(子実体・菌糸体)
◆栽培方法(露地栽培・容器栽培)
◆加工法(細胞壁破壊・熱水抽出・酵素処理など)
◆形状(液体・錠剤・顆粒など)
などがあげられます。
ひとくちにアガリクスまたはアガリクス商品といっても、どの菌株(種菌)を使い、どこの栽培地でどのような栽培方法で育てられたアガリクス原料を用いているのか、その原料をどんな方法で加工したのかによって大きく違います。選ぶときには、上記の点に注意が必要です。
ページの上部へ