どのアガリクスを選んだらよいのか


アガリクスQ&A どのアガリクスを選んだらよいのか

原料選びのポイント

Q. 子実体と菌糸体どっちがいいの?

私たちが日常食しているキノコが「子実体」です。キノコの「傘」と「柄」の部分です 。 これに対し、キノコの根っこ部分を「菌糸体」といいます。

菌糸体子実体ではその有用性にほとんど差はありません。

アガリクスは子実体水溶性のβ-(1-3)-D-グルカン不溶性のβ-(1-6)-D-グルカンタンパク複合体などが含まれ、菌糸体にはグルコマンナンタンパク複合体(ATОM)マンナンタンパク複合体(AB-FP)が含まれています。
いずれも有用性はデータで確認されており、どちらがいいということより、 両方摂るのが最も好ましいといえます。
多く含まれている成分
なぜ菌糸体を使ったアガリクス商品が多いの?
市場にアガリクスの菌糸体を原料とした商品が多いのは、菌糸体が栽培しやすく品質管理もしやすいからです。
菌糸体はほとんどが室内でタンク栽培されているので、常に安定供給できるという利点があります。
実際は上記でご説明しているとおり、β-D-グルカン子実体に含まれ、菌糸体には子実体と違う有用成分が含まれているのです。
ページの上部へ